« 「エバーライフ皇潤(こうじゅん)」に関する考察 | トップページ | 「Soisis」 »

2007年9月 2日 (日)

「エバーライフ カンコウ草」に関する一考

カンコウ草(かんこうそう)は、四川省の奥地のごく限られた

地域だけに自生し7月から10月に花を咲かせて

実を結び秋の終わりに収穫される草だそうです。

このカンコウ草にはポリフェノールがたっぷり含まれており、

現地中国では健康維持に愛飲されているとか、

まあ、ポリフェノールは総称で、フラボノイドの一種のケルセチン

今回登場します。

コミッションEというハーブの効果を検証する実験でも、

このケルセチンは、自然治癒力を高める上で、

非常に高い評価を得ているようです。

そんなカンコウ草エキスを含んだ飲料は

「エバーライフ カンコウ草」

|

« 「エバーライフ皇潤(こうじゅん)」に関する考察 | トップページ | 「Soisis」 »