« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

人に言えない秘密、半数以上が「恋愛」

・・・確かに言ってはいけないというか

ばれてはいけない秘密も多いですね。

私もありますけど・・・・

「こんなこと人には絶対に話せない……」。誰でも一つや二つは、人に言えない“秘密”を抱えているもの? そもそも“秘密”って人によって違うものだが、実際どうなのだろう? そこで オリコンが、20代~40代の社会人にアンケート調査を行ったところ、半数以上の55.5%が【人に言えない秘密がある】と回答。どんな内容の秘密が多かったか(複数回答可)というと、1位は【恋愛】(57.2%)についてであった。

 人に言えない秘密、1位の【恋愛】。「3股かけていたこと(笑)。若気の至りです…」(神奈川県/20代/女性)、「彼女とは別に関係を持った人がいた」(神奈川県/20代/男性)のように、深刻なものから「モテないのにモテると嘘をついている」(東京都/30代/男性)、「ファーストキスの相手が同性の男(笑)」(神奈川県/40代/男性)のように、苦笑してしまうものまで様々。

女と男の営み

 続く2位は【お金】(41.9%)についての秘密。寄せられたのは「競馬で一日に100万円負けたことがある」(富山県/30代/男性)、「主人に内緒で、お金を借りている」(新潟県/40代/女性)など、声を大にしては話せないようなものばかり。思わず眉をひそめてしまうコメントが目に付くも、中には「親にあげるために毎月こっそり貯金をしていること」(千葉県/20代/男性)という心温まる秘密も。

おいしい副業生活マニュアル

 第3位は、【ビジネス】(12.2%)。たくさんの人と触れ合うビジネスシーンでは「クビになりそう」(富山県/30代/男性)、「仕事での失敗」(島根県/30代/女性)、「会社のパソコンでHなサイトを見ていたらウイルスが入って、パソコンがだめになったこと」(大阪府/30代/男性)など、こちらも、確かに人には話せないような話がゴロゴロ。また、4位に【家族】(11.9%)、6位に【友人】(9.3%)と、人間関係についての問題のほか、【美容】(7位、7.2%)についても秘めごとは多いようだ。

 アンケート調査では、多くの秘密を垣間見ることができたが、寄せられたコメントの中には、もしもバレてしまったらシャレにならないものも見受けられた。だからこそ“秘密”なのかも知れないが、ちょっぴり背筋が寒くなる思いのした今回の結果であった。秘めごとは無いに越したことはないかも!?

(7月4日~8日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の20代、30代、40代の男女、各200人、合計1,200人にインターネット調査したもの)

ORICON STYLE 関連ニュース

| | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

宮崎あおいが笑顔を封印…衝撃作で“社会の闇”と向き合う

人身売買って臓器が目的とも言われてますよね・・・

高く買う人がいるからそれを集める人もいる。

映画を見て義憤にかられても何も出来ないけど・・・

タイで横行する幼児売買春や人身売買という裏社会の実情にメスを入れた映画『闇の子供たち』(8月2日より公開)でヒロインを演じる女優の宮崎あおいが、このほどORICON STYLEの単独インタビューに応じた。“社会の闇”を描いた衝撃作に臨んだ宮崎は、普段CMやドラマでのぞかせる愛らしい笑顔を封印。映画を通じて「“知る”という第1歩を踏み出してもらいたい」と言葉を噛み締めながら、本作に込めたメッセージを語った。

 目を背けたくなる“社会の闇”という現実に鋭く切り込んだ同作は、ベストセラー小説『血と骨』などで知られる梁石日の原作をもとに、映画『亡国のイージス』などを手がけた阪本順治が監督を務める。その中で、宮崎はボランティアスタッフとしてタイに赴き、その残酷な現実に打ちのめされながらも、子供たちを救おうと奔走するヒロインを熱演。現在、NHK大河ドラマ『篤姫』の主人公・篤姫役を好演し、癒し系の笑顔とその瑞々しい存在感で男女を問わずに注目されている彼女だが、劇中ではシリアス一辺倒と新たな一面を見せている。

 宮崎は同作への参加について「虐げられている人は、いつも表からは見えません。女性や、子供たちという弱者でありながら、守られることはなく、その声はいつもかき消されてしまう。この映画に参加することで自分がその“表に出ない虐げられた人の声”を、表に出すことのお手伝いができると思いました」とコメント。最後に「映画を観て、まずは“知る”という第1歩を踏み出してもらえたらと思います」と真摯な表情で胸の内を明かした。

ORICON STYLE 関連ニュース

| | トラックバック (0)

OLに聞いた「男性が着けていてグッとくる腕時計」

OLに聞いた「男性が着けていてグッとくる腕時計」

まあ、作業服で仕事してるので時計を付ける事自体ないですが

以下のような回答だったそうです。

携帯電話に時刻でてるのにな・・・

スーツ姿の男性のオシャレアイテムのひとつといえば、チラッと見えるところにその人のセンスがうかがえる“腕時計”。オリコンが以前行ったアンケートでも、ビジネスシーンで女性が男性にこだわって欲しいと思う小物No.1は「腕時計」という結果だったこともあり、意外と女性はチェックしているもの。ということで今回は20代から40代のOLに『男性に身に着けて欲しいと思う腕時計ブランド』についてアンケートを実施したところ、女性から好感度No.1の腕時計ブランドに輝いたのは【ロレックス】だった。

 高級時計の代名詞ともいえる【ロレックス】には「ステータスを感じるので」(兵庫県/30代)という女性をはじめ、「しっかりしたオトナのイメージがある」(奈良県/20代)、「シンプルながらも高級感があるから」(神奈川県/40代)と老舗ブランドならではの風格を支持する回答が目立ち、そのネームバリューの高さから「やっぱりロレックス!!」(岡山県/30代)と断言する人もいるほど。

 2位には【オメガ】がランクイン。「ミーハーな感じがしないので」(東京都/40代)、「紳士らしくて定番な感じがする」(大阪府/20代)など落ち着いたスタイルに加えて、機能的な面もビジネスマンには必要不可欠ということで「実用性とファッション性を兼ね備えていて、それで嫌味に見えない」(東京都/40代)と好評価を獲得している。また、なかには「父が愛用していたから」(東京都/40代)という声もあり、長年にわたって愛され続けるブランドだけに親子2代に渡ってのファンという人も。

 「『できる男!』って感じがする」(長野県/30代)と、30代の女性から人気だったのが3位の【タグホイヤー】。「高級すぎず男性っぽい感じがする」(佐賀県/30代)など男性的なイメージを持つ女性が多く、スポーティーなデザインが好感を呼んでいるようだ。また「好きな男性がこのブランドの時計をしているから」(佐賀県/30代)と、微笑ましいコメントも寄せられている。

 そのほか4位に【ブルガリ】、5位には【フランクミュラー】が登場するなど、高級ブランドの腕時計が多く顔を揃えた今回の結果。しかし「『高いんだぞ』って感じの時計は嫌い。宝石が付いていたりとか…」(神奈川県/20代)というように、ブランド名や豪華さにその人がかすんでしまう時計はちょっと・・・という現実的な意見も。その人の身の丈にあった時計なのかどうかも“OLがグッとくる腕時計”のポイントのひとつだといえそうだ。

(2008年5月29日~6月2日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員会員で、会社員(事務系/技術系/その他)、公務員、経営者・役員、契約社員・派遣社員の20代、30代、40代の女性、各200人、合計600人にインターネット調査したもの)

ORICON STYLE

| | トラックバック (0)

独占激白!“プロボクサー”ロバート・山本博「スベっても動じません!」

人気お笑いトリオ・ロバートの山本博が28日(月)放送されたテレビ朝日系『クイズプレゼントバラエティーQさま!!』のプロボクシング企画で、2度目の挑戦にして見事ボクシングのプロテストに合格した。ORICON STYLEの独占インタビューに応じた山本は“性欲”を完全にシャットアウトしての悲願達成を喜ぶと同時に「本業でスベっても、動じなくなりました」とプロ合格への過程の様々な面で、大きな成長を遂げたことを明かした。

 「ストレス解消に」と趣味で始めたボクシング。2年前から本業以外に1日3時間の練習、10キロのロードワークをこなしてきた山本は、体力の向上と共にその“眼光”も闘争本能を持った男らしく、鋭い目つきに変わってきた。「スパーリングで“ボコボコ”にされた時、最後は『あっ、俺死んでしまう』と感じることが何度もあった」と、その激しい練習の様子を振り返る。

 学生時代は野球、テニスなどスポーツ少年だった彼だが、その頃から「大の筋トレ嫌い」だったという。その一方、人気お笑いトリオとして活動してからも「舞台に立ったら舞い上がって、スベってしまうことも多かったですし、よくヘコんでましたよ」とメンタル面でも弱さがあったことを告白。仕事後の打ち上げも断り、深夜にロードワークをした際は「とにかく“プロになる”この一つの目標を目指して打ち込みました」。そうして毎日コツコツと練習を積み重ねていくうちに「仕事に対しても視野が狭くなっていたことが判るようになり、ストレスや悩みで自分を追い込むことが無くなりましたね」と、激しい練習は本業へも好影響を与えたという。

 昨年、1度目のプロテストに失敗。「闘争本能も無くなるし、遊ぶ暇もない」と性欲すら完全に封印して2度目の挑戦に臨んだ。「体重計に乗らなくても自分の体重が把握できる」ほど徹底的に管理された自身の体を最大限に活かし、一つの夢を掴んだ。竹原慎二、内藤大助ら一流のボクサーらの指導にも恵まれた。

 そんななか「コンビの2人(秋山竜次、馬場裕之)も『スゲェー』って喜んでくれたけど、本当の辛さは判らないですよ」と苦笑いする一幕も。「お笑い以外に、自分の体だけでお金を稼ぐ術を得たが、安易に(試合へは)踏み込まない」と語った山本。最も尊敬する辰吉丈一郎との早期対面を望んでいるというが「その前に、次はチョモランマ登頂を成功させてからですね!」とギャグを交えつつも、今後もボクサーとしての活動の場を模索していく姿勢を見せた。

ORICON STYLEより

ってか、ロバート自体知りませんでした・・・・

こんな人達らしいです。

| | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

鳥居みゆき死去!? 激レア単独ライヴ潜入レポート!!

鳥居みゆきが人気絶頂の中で死去……!?

 7月28日、女性ピン芸人として大ブレイク中の鳥居みゆきの単独ライヴ「故 鳥居みゆき 告別式~狂宴封鎖的世界~」が開催された。しかし、会場の新宿明治安田生命ホールのキャパシティはわずか400弱。ファンの間では壮絶なチケット争奪戦が展開され、ネットオークションでは数万円以上にまで高騰する事態となった。

 そして当日、「鳥居家」という貼り紙に案内されて会場を訪れてみると、入り口には「鳥居みゆき告別式」という看板が立てられ、入ってすぐのホールにはいきなり豪華な祭壇が用意されているではないか! テレビ番組やカンニング竹山などの著名人、2ちゃんねるのファン有志などからの立派な花環がいくつも飾られていた。

 しかもその祭壇の前には、鳥居みゆきの親族を演じる人々が喪服姿で並んで泣いているのだ。今回のライヴでは、事前に「告別式ですので正装でお越しいただけると幸いです」という告知があり、ファンも大半が喪服姿。そのため、どこまでが仕込みの役者で、どこからが観客なのかよくわからない、虚構と現実の溶け合った空間になってしまっていた。

 そして、祭壇には故人の大きな写真が。その前には遺品が並べられ、「小学校の図工で受賞した作品」というような紹介文とともに、なぜかMacintoshのパソコンがどーんと置かれていたのがシュール。なんとも不可思議な雰囲気のまま、鳥居みゆきの単独ライヴは開演したのだった。

 さて、話は飛んで終演後。入り口のホールでは、入場時に配られた菊の花を捧げるためにファンが長蛇の列を作った。ファンには、制服姿の女子高校生もいれば、白装束にクマのぬいぐるみを持って鳥居みゆきのコスプレをした女性もいる。そうしたたくさんのファンが見守る中で、鳥居みゆきの入った棺にはなんと釘が打たれ、出棺されていったのだった……。

 はたして「故 鳥居みゆき 告別式~狂宴封鎖的世界~」の本編では何が起きたのか? それは、DVD化が早くも決定したので、その映像でぜひたしかめてほしい。コンセプチュアル・アートのような構成力と、自分自身すら殺してしまう鳥居みゆきの強烈な狂気が、「不謹慎」などという言葉を吹き飛ばしてしまう暗黒世界は必見だ。

 鳥居みゆきよ、永遠なれ……! 生きてるけど……!

(宗像明将)

日刊サイゾー より

| | トラックバック (0)

<ガソリン高騰>異変 駐車場埋まらず 事故減 高速道緩和

<ガソリン高騰>異変 駐車場埋まらず 事故減 高速道緩和

仕事で1日に多いときは400km~500kmとか平気で走るんで

このガソリン高騰は正直痛い・・・

でも石油小売のお客さんに聞いてみたらあっちもキツイらしい。

あとは元売だな・・・ってかアラブ人かな?

本当に原油急落してんのかな????

たぶんこんなのが売れてると思うんですが・・・

バーダル 添加剤ガソリン車用燃料ケミカルCCG(コモンセント ガソリン トリートメント)

毎日JPより・・・

ガソリンの平均価格が1リットル=180円を超え、史上最高値を記録した影響で、レンタカーや駐車場の利用が落ち込んでいる。一方、ノロノロ運転が日常茶飯事の東京都内では、交通事故の減少や高速道路の渋滞緩和など思わぬ効果も出始めた。

【町田徳丈、武内亮】

 「もっと燃費のいい車はないの?」。東京都江東区のレンタカー営業所にワゴン車を返却に来た中野区の男性(68)は、従業員にぼやいた。男性は月に2~3回ワゴン車を借り、首都圏の得意先に絵画を運ぶ。「ガソリン代を浮かすために、走行距離や時間を考えて回らざるをえない」と嘆く。

 レンタカー大手の「ニッポンレンタカーサービス」(渋谷区)によると、燃費がよい軽自動車を選ぶ客が増えており、排気量の小さい1300~1500CCの車種の利用も多い。2日前後だった平均使用日数も短くなってきていることから、6月の売り上げは1.2%減となった。

 台東区のJR御徒町駅近くの立体駐車場では利用率が最も高い正午から夕方の時間帯でも40台分のスペースが埋まることは少ない。管理業者は「売り上げは昨年より1割減。7月はさらに落ち込んだ」とため息をついた。

 駐車場業者約800社が加盟する全日本駐車協会(千代田区)によると、ガソリンが一斉値上げされた6月以降、利用台数は1~2割減った。岡宏樹専務理事は「食料品の高騰で台所事情が苦しいなか、まず交通費を削減する家庭が増えたためではないか」と分析する。

 一方、都内の交通事故は減少し、高速道路の渋滞も大幅に緩和された。警視庁交通部によると、上半期(1~6月)の事故件数(物損除く)は3万75件(前年同期比3990件減)。死者数も戦後最少の96人(同34人減)で、重軽傷者も3万4033人(同4273人減)だった。

 首都高速道路(千代田区)によると、東京線の1~5月の平日午前11時の総渋滞距離は平均39キロで、昨年同期比12キロ短くなった。渋滞が特に激しい4号線(高井戸-三宅坂)は所要時間が約6分短縮された。

 警視庁交通部の園田清管理官は「マイカーの利用を控える人が増えて交通量が減少したのに伴い、事故も減ったとみられる」と話している。

毎日新聞

┐(  ̄ー ̄)┌

| | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

安室奈美恵、初<a-nation>に超SEXYミニワンピで登場

安室奈美恵が、7月26日に愛媛県松山市の「ニンジニアスタジアム」でスタートした<a-nation'08 powered by ウイダーinゼリー>に登場した。

●セクシーなチューブトップワンピで魅了する安室ちゃんのBig Photo

安室奈美恵の出演は、同イベント7回目にして初。安室自身、野外イベントに参加したのは実に6年ぶりで、今回はavexが20周年ということもあり、また自身の6年ぶりのベストアルバム発売も重なり出演に至ったという。

この日オープニングアクトを含め総勢17組のアーティストが出演したが、安室は大方の予想を裏切るトップバッターで登場。出演順を知らされていない25000人の観客は嬉しいビッグサプライズに歓喜に沸いた。しかもその衣装は黒のロングブーツに鮮やかなオレンジ色のチューブトップミニワンピース。まさにギリギリ露出のこちらもビッグサプライズだ。

安室は、最高気温34度の猛暑の中、今週30日に発売となるベストアルバム『BEST FICTION』に収録される「WHAT A FEELING」「WANT ME,WANT ME」、初披露となる新曲「Sexy Girl」、そしてミリオンを突破した懐かしい「Chase the Chance」の全4曲を歌唱した。

パフォーマンス後は「ステージの端から端まで走った後は、さすがに倒れるかと思った(笑)」「とても暑かったけど楽しかったです」と笑顔でコメント。

今週発売されるベストアルバム『BEST FICTION』は既に話題。今回の<a-nation>初参戦、さらには安室奈美恵としての全国アリーナツアーなど、この夏は安室ちゃん一色に染まりそう、いや染まりたい!

安室奈美恵 DVD【Namie Amuro So Crazy Tour 】10%OFF+送料無料

バークス (提供元一覧)

| | トラックバック (0)

米男性がNY地下鉄で一目ぼれ、女性見つかるも成就せず

[キャンベラ 27日 ロイター] 米ニューヨークの地下鉄で理想の女性に出会ったという男性が、インターネットで女性の身元をつきとめて交際するに至ったが、ハッピーエンドとはならなかったことが明らかになった。

ニューヨーク州ブルックリン出身のウェブ・デザイナー、パトリック・モバーグさん(当時21)は昨年11月にマンハッタンの地下鉄の車内である女性に一目ぼれ。その後その姿を見失ってしまったモバーグさんは、この女性を探すためにウェブサイトを立ち上げ、女性の似顔絵を公開した。48時間後にはこの女性に関する情報を知らせる電話や電子メールがモバーグさんのところに相次いだという。

それにより、この女性はオーストラリアのメルボルン出身でブルックリンに住んで雑誌社でインターンとして働くカミール・ヘイトンさん(23)と判明。しかし、モバーグさんはその後、説明のないままウェブサイト更新を止めてしまっていた。

一方のヘイトンさんは、オーストラリアのサンデー・テレグラフ紙に対し、モバーグさんとは2カ月間ほど交際したもののうまくいかなかったと明かした。

そんなあなたには・・・これを送ろう・・・

ロマンスDVD-BOX1 日本語版

ロマンスの神様は・・・

| | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »